ライフプラン策定上の資金計画

人生とお金は密接に関係しています。人生において実現可能であったことも、金銭的な理由で諦めたり、断念せざるを得なくなってしまったということは珍しいことではありません。自分がどういった人生を送りたいかということを考えた場合に、それに伴う資金計画も同時に立てておくことは、自分の思い描く人生の軌道を狂わせることがないためにはとても重要です。
お金のことを考えるなんてはしたないと思う方もいるかもしれません。しかし、長い人生のライフプランを考えた場合に、時間をかけてお金を用意していたがために助かったという経験をした方は少なくありません。特に老後こんなはずではなかったと後悔しないためにも、できればまだ自分、もしくは家族が働ける年代のうちにしっかりと資金計画を練っておくべきです。
人生においてどのようなタイミングでお金が必要になってくるでしょうか。子供の教育費や家のローン、親の介護や自分自身の老後など、節目節目でお金が必要になってくるタイミングは予測できます。支出に備えるために貯金をしたり、運用をして増やしたりという方法で備えることが出来ますが、それには時間を味方につける必要があります。人生の設計図を引くのは、早ければ早い方が良いのです。

赤ちゃん21