Author Archive

教育ローンと奨学金

人生の支出の中で多額の支出を要する事として、子供の教育資金が上げられます。長期に渡って多額の資金を要するため、結婚前からの蓄えが必要でもありますが、経済的に難しいときもありますので、そういった時に活用出来るのが教育ローンです。日本では日本政策金融公庫による教育一般貸付と言われる国による教育に関するローンを活用する事我出来ます。具体的には学生一人当たり300万円以内であり、入学金や授業料等の学校への納付金、受験にかかる費用、教科書代等資金用とは多岐に渡ります。返済期間も15年以内と定められており、金利は固定金利をとっています。親である保護者にとっては非常に助かるサービスであり、その他の教育関連では、奨学金があげられます。日本学生支援機構による奨学金は第一種と第二種と別れており、無利子か有利子かによって種類が変わって来ます。設けられている基準によって異なりますが、同じく保護者にとっては非常に有益なサービスではないでしょうか。
この様に、教育に必要な資金に関して、保護者がすべてまかなわないと行けないわけではなく、経済的に困難な場合はこの様なローン等を検討する事で、子供の学校選択の幅が広がりますので、一度検討してみても良いでしょう。

教育資金の準備

子供が大学卒業までには国公立か私立かにより金額は違いますが、1000万円から2000万円ほど教育費用がかかると言われています。そのため、子供が小さいうちから教育資金の準備をしておく必要があります。
毎月貯金をする人も多いですが、教育資金を貯めるためにこども保険や学資保険といった保険を利用する人も多いです。これらの保険は、毎月一定金額を支払うことで満期時にまとまった金額を受け取ることができます。満期の金額は、プランによって変わりますが、200万や300万など自分で金額を決められる保険もあります。満期にもらう金額によって、毎月の支払い金額が変わります。
契約者である親に万一のことがあった場合は、それ以降の支払いが免除され、満期時に満額受け取る保障がついているプランもあります。子供が怪我した際の医療費を受け取ることができるなどの保障をオプションとして付けることができるプランもあります。他にも、中学受験時や高校受験時にまとまった金額を受け取れるように満了期までに数回に分けて給付金を支給するタイプもあります。
また、学資保険などは、生命保険料控除の対象にもなるため、確定申告や年末調整などで提出することができます。

教育資金プランニング

子供のために必要な資金というものをしっかりと理解したうえで日々の貯蓄や備えというものをしているご家庭も多いものです。
自分自身の子供にいろいろと体験させてあげたいという事や、将来的に希望の仕事につける様にサポートしたいというような強い希望がある場合には、私立への進学のための準備であったり、留学なども視野に入れて様々な検討をしているということが考えられます。
一方で、できれば国公立に進学してほしいというように資金面で不安を感じているというご家庭もかなり多いものです、しかし実際に子供がうまく国公立に進んでくれるかどうかというのはその時にならないとわからないものですから、事前に教育資金のやりくりをしてきちんと確保しておくということが将来的に焦らない生活というものを作ることができるようにもなるのです。
教育のための資金というとどうしても生活の中で捻出するのは難しいというように考えてしまうものですが、プランニングを立ててしっかりと無駄を省き必要な金額を確保するということは重要です。
教育というように考えるからおぼろげになってしまうのであれば、入学費用、学費、というようにある程度必要だという現実的な面をみてそれを貯めていくというように考えることから始めてみるのもいいのではないでしょうか。

繰り上げ返済のイメージ

日本人の半分以上は自分の家を持つことを望んでいるといいます。住宅は賃貸か購入どちらがよいかは、人それぞれでしょうが、モデルケースの50年間で考えると、結局は購入した方が経済的だというのが一般的な見解です。現在住宅ローンで20年、30年というのは当たり前ですし、住宅は買うだけで諸費用がかかります。例えば登録免許税や不動産取得税、また住み始めてからの固定資産税や都市計画税が課されます。その他マンションの場合は管理費・修繕積立金などもかかります。固定資産税や都市計画税は物件や年度で異なりますが、年額10万~20万円前後が一般的です。こうした住宅にかかる諸費用を抑える方法の一つが、繰り上げ返済でしょう。これは、一定のまとまった資金をある時期返済にあてることですが、この方法を採って元金の返済にあてれば、その分にかかる利息額を減らすことにより返済総額を抑えられる訳です。そして毎月の返済金額を減額するか、或は返済期間そのものを短縮することにより、ローンの負担は軽くなるのです。ただし手数料がかかるので、頻繁に行うことは避けるべきでしょう。また世帯に子供がいる場合は、教育費も大きな出費となりますから、長い目でライフスタイルを考え、効率的で賢いローン計画を立てることが必要です。

財形住宅融資

住宅ローンを借りる場合にその融資先の候補のひとつとしてあげられるのが、財形住宅融資です。これは財形制度のある企業に勤務している人が、住宅財形、年金財形、一般財形をどれか一つでも行っている場合に借りることができる住宅ローンです。申込みは、窓口が4つあり、勤務先によって異なります。事業主転貸融資制度のある企業では窓口は勤務先になります。公務員では窓口は共済組合になりますし、勤務先が財形住宅金融である場合はそこが窓口になります。この3つ以外の場合は、取扱店である金融機関が窓口になり、直接融資が受けることができます。その特徴としては、まずは公的なローンですので、融資の金利は低く抑えられています。また5年の固定金利制を取っていますので、返済の開始時期から終りまでの5年ごとに、適用金利の見直しが行われます。借入限度額に関しては、財形貯蓄残高の10倍以内でかつ、必要資金の8割まで、最高で4,000万円までと決められています。またそれ以外のメリットとしては、フラット35や民間住宅ローンなどと併用して利用できるという利便性もあります。また同じ住宅なら同居家族で、複数申し込むことができるというメリットもあります。

フラット35

フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構という独立行政法人とが提携した住宅ローンで、現在2つ存在する住宅ローンの種類のうちの1つです。もう1つは銀行や信用金庫といった民間金融機関が取り扱う「民間住宅ローン(民間融資)」かつては「公的融資」も存在しましたが、これは2007年に廃止されたため現在選べるローンは前述の2つとなります。
さて、その特徴は金利のタイプが長期固定金利型であるということです。この金利のタイプではあらかじめ返済終了までの金利が決まっています。返済額が固定されているため、市場金利の変動に依存せず返済計画を立てやすいというメリットがあります。金利が低い時に借りれば低金利の利点を返済終了まで受け続けることができます。融資額は最高で8000万円で、所要資金の9割までです。返済期間は15年から35年ですが、返済終了時の年齢が80歳以下でなければなりません。また繰り上げ返済手数料が無料です。繰り上げ返済とは、通常の返済とは別に、返済しているローン元金の全部または一部を返済することです。これにより、返済期間を短縮したり毎回の返済額を減らすことが可能になります。繰り上げ返済を行うと、借入時の返済額よりも総返済額を減らすことができます。

金利

住宅ローンの金利のタイプには次の3種類があります。
1つめは固定金利です。このタイプではローンの申込時や契約時に決められた金利が返済終了まで適用されます。毎回の返済額が一定なため、良くも悪くも景気に左右されず計画的な返済が行えます。低金利時に借りれば返済終了までその恩恵に与ることができます。民間金融機関と住宅金融支援機構とが提携した住宅ローンである「フラット35」ではこの金利タイプが適用されます。
2つめは変動金利です。このタイプでは一定期間ごとに適用される金利が見直されます。一般的に、市場金利の変動に伴い半年ごとに適用金利が見直されます。返済額が5年ごとに見直されます。また、固定のものよりも借入時の金利は低い場合が多く、適用金利が低下すれば返済額が少なくて済むというメリットがある一方、借入時に返済額が決まっていないというデメリットがあります。民間金融機関が取り扱う住宅ローンで見られる金利タイプです。
3つめは固定金利選択型です。このタイプでは、2年、5年といった一定期間のみ固定の金利で、その後は固定か変動金利かを選択することになります。固定と変動の折衷に当たるものです。これも民間金融機関が取り扱う住宅ローンで見られます。

返済方法

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済の2つの方法が有ります。
この二つの方法の大きな違いと言うのは、月々の支払額が変わるという事です。

高額の住宅ローンを組んでいますので、月々の支払額は少なくしたいものです。
そのため、どちらが月々の支払額が少なくなるのか、また総支払額はどちらが少ないのかなど、二つの違いについての知識を持っている事が必要となります。

因みに、どちらが得であるのかという事はなく、それぞれの違いや特徴について知っておくことが住宅ローンをうまく使うコツともいえます。

元利均等返済というのは、住宅ローンの中では比較的利用度が高い方法です。
毎月の返済額というのは、元金と利息を合わせたものを一定額で支払っていく方法になります。
また、この方法は、利息が先に返済に充当され、残りは元本の返済と言う形になるのが特徴です。

一方、元金均等返済と言うのは、月々の支払いは元本が均等になるのが特徴です。
この元本に利息分を加算した形で返済を行っていくと言う方法になります。
尚、この方法は、先ほどの元利均等による返済と比べると、借入をして返済を初めた当初は支払額が多くなりますが、その分元本の減りが早くなりますので、総支払額は少なくなると言う性質が有ります。

住宅取得の考え方と住宅ローン

住宅を購入する時、頭金というものを作る必要が有ります。
分譲マンションの中には頭金ゼロでも購入できる物件も有りますが、一般的には頭金を揃え残りの不足している資金というものは、住宅公庫などのローンを利用して購入する形になります。

これは住宅を取得するための身に利用出来る住宅ローンと呼ばれるローン商品です。
利用使途は、あくまでも住宅取得のみとなりますが、年収の数倍ものお金を借りることが出来るローン商品でもあります。

このローンを利用する場合は、年収の証明書などが必要になります。
サラリーマンの場合であれば前年度の源泉徴収票や、間近に受け取った給料明細書と言った照明を可能にする書類が必要になります。

4000万円の物件を購入する場合、頭金がゼロで全ての費用をローンで賄う事も出来ないわけではありません。
しかし、月々の返済額を考えた場合、無謀ともいえる結果になりかねません。
一般的には、年収の5倍程度までローンを利用する事が出来る銀行などは多いものです。
年収が600万円ある人であれば、その5倍の3000万円までは借りることが出来るわけです。

しかし、3000万円と言う融資を受けた場合月々の支払額がいくらになるのかを計算しないと、返済が困難になりかねませんの注意が必要なのです。
あくまでもいくら借りられるのかではなく、いくらなら月々の返済が無理なく行え、その結果いくら借りられるのかと言う順番で融資額を決めることが必要と言えます。

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !