返済方法

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済の2つの方法が有ります。
この二つの方法の大きな違いと言うのは、月々の支払額が変わるという事です。

高額の住宅ローンを組んでいますので、月々の支払額は少なくしたいものです。
そのため、どちらが月々の支払額が少なくなるのか、また総支払額はどちらが少ないのかなど、二つの違いについての知識を持っている事が必要となります。

因みに、どちらが得であるのかという事はなく、それぞれの違いや特徴について知っておくことが住宅ローンをうまく使うコツともいえます。

元利均等返済というのは、住宅ローンの中では比較的利用度が高い方法です。
毎月の返済額というのは、元金と利息を合わせたものを一定額で支払っていく方法になります。
また、この方法は、利息が先に返済に充当され、残りは元本の返済と言う形になるのが特徴です。

一方、元金均等返済と言うのは、月々の支払いは元本が均等になるのが特徴です。
この元本に利息分を加算した形で返済を行っていくと言う方法になります。
尚、この方法は、先ほどの元利均等による返済と比べると、借入をして返済を初めた当初は支払額が多くなりますが、その分元本の減りが早くなりますので、総支払額は少なくなると言う性質が有ります。

コメントは受け付けていません。