住宅取得の考え方と住宅ローン

住宅を購入する時、頭金というものを作る必要が有ります。
分譲マンションの中には頭金ゼロでも購入できる物件も有りますが、一般的には頭金を揃え残りの不足している資金というものは、住宅公庫などのローンを利用して購入する形になります。

これは住宅を取得するための身に利用出来る住宅ローンと呼ばれるローン商品です。
利用使途は、あくまでも住宅取得のみとなりますが、年収の数倍ものお金を借りることが出来るローン商品でもあります。

このローンを利用する場合は、年収の証明書などが必要になります。
サラリーマンの場合であれば前年度の源泉徴収票や、間近に受け取った給料明細書と言った照明を可能にする書類が必要になります。

4000万円の物件を購入する場合、頭金がゼロで全ての費用をローンで賄う事も出来ないわけではありません。
しかし、月々の返済額を考えた場合、無謀ともいえる結果になりかねません。
一般的には、年収の5倍程度までローンを利用する事が出来る銀行などは多いものです。
年収が600万円ある人であれば、その5倍の3000万円までは借りることが出来るわけです。

しかし、3000万円と言う融資を受けた場合月々の支払額がいくらになるのかを計算しないと、返済が困難になりかねませんの注意が必要なのです。
あくまでもいくら借りられるのかではなく、いくらなら月々の返済が無理なく行え、その結果いくら借りられるのかと言う順番で融資額を決めることが必要と言えます。

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

コメントは受け付けていません。