金利

住宅ローンの金利のタイプには次の3種類があります。
1つめは固定金利です。このタイプではローンの申込時や契約時に決められた金利が返済終了まで適用されます。毎回の返済額が一定なため、良くも悪くも景気に左右されず計画的な返済が行えます。低金利時に借りれば返済終了までその恩恵に与ることができます。民間金融機関と住宅金融支援機構とが提携した住宅ローンである「フラット35」ではこの金利タイプが適用されます。
2つめは変動金利です。このタイプでは一定期間ごとに適用される金利が見直されます。一般的に、市場金利の変動に伴い半年ごとに適用金利が見直されます。返済額が5年ごとに見直されます。また、固定のものよりも借入時の金利は低い場合が多く、適用金利が低下すれば返済額が少なくて済むというメリットがある一方、借入時に返済額が決まっていないというデメリットがあります。民間金融機関が取り扱う住宅ローンで見られる金利タイプです。
3つめは固定金利選択型です。このタイプでは、2年、5年といった一定期間のみ固定の金利で、その後は固定か変動金利かを選択することになります。固定と変動の折衷に当たるものです。これも民間金融機関が取り扱う住宅ローンで見られます。

コメントは受け付けていません。