教育ローンと奨学金

人生の支出の中で多額の支出を要する事として、子供の教育資金が上げられます。長期に渡って多額の資金を要するため、結婚前からの蓄えが必要でもありますが、経済的に難しいときもありますので、そういった時に活用出来るのが教育ローンです。日本では日本政策金融公庫による教育一般貸付と言われる国による教育に関するローンを活用する事我出来ます。具体的には学生一人当たり300万円以内であり、入学金や授業料等の学校への納付金、受験にかかる費用、教科書代等資金用とは多岐に渡ります。返済期間も15年以内と定められており、金利は固定金利をとっています。親である保護者にとっては非常に助かるサービスであり、その他の教育関連では、奨学金があげられます。日本学生支援機構による奨学金は第一種と第二種と別れており、無利子か有利子かによって種類が変わって来ます。設けられている基準によって異なりますが、同じく保護者にとっては非常に有益なサービスではないでしょうか。
この様に、教育に必要な資金に関して、保護者がすべてまかなわないと行けないわけではなく、経済的に困難な場合はこの様なローン等を検討する事で、子供の学校選択の幅が広がりますので、一度検討してみても良いでしょう。

コメントは受け付けていません。