教育資金の準備

子供が大学卒業までには国公立か私立かにより金額は違いますが、1000万円から2000万円ほど教育費用がかかると言われています。そのため、子供が小さいうちから教育資金の準備をしておく必要があります。
毎月貯金をする人も多いですが、教育資金を貯めるためにこども保険や学資保険といった保険を利用する人も多いです。これらの保険は、毎月一定金額を支払うことで満期時にまとまった金額を受け取ることができます。満期の金額は、プランによって変わりますが、200万や300万など自分で金額を決められる保険もあります。満期にもらう金額によって、毎月の支払い金額が変わります。
契約者である親に万一のことがあった場合は、それ以降の支払いが免除され、満期時に満額受け取る保障がついているプランもあります。子供が怪我した際の医療費を受け取ることができるなどの保障をオプションとして付けることができるプランもあります。他にも、中学受験時や高校受験時にまとまった金額を受け取れるように満了期までに数回に分けて給付金を支給するタイプもあります。
また、学資保険などは、生命保険料控除の対象にもなるため、確定申告や年末調整などで提出することができます。

コメントは受け付けていません。